昨日(1月19日)の夜のニュースや今日の新聞に報道された、義務制の学校の統廃合の件でのことですが、ちほうによっては子どもの数が減ってきて適正な規模の学校が維持できなくなるので、通学する距離によって学校を統合するとのことですが、僻地や離れ島はこの例によらないとのことです。学校を統廃合することによって、地方によては、かなり人口が減って来のではるないかとの心配もあります。学校教育の事を考えると適正な規模の学校がひつようですし、規模小さいと授業にも影響がでてくるし、部活動などもできなくなるのではないかということです。しかしそうは言っても特に小学校がなくなってしまった地域でのつながりはかなりなくなってくるものらしいのです。人口が減ってきているのでやむを得ない点があると思いますが、人口の減っている地域は人口をふやすような工夫がいるようでしょう。そのようなことを新聞にかいてあったようです。
 日本はk今後人口が減って行くのですが、特に地方の場合はよけいですので、地方においては今後どのように人に多く住んでもらうかということが、問題となってくるのでしょう。学校が無くなるということはそのような地方では、大問題となるのでしょう。そのためにも地方の活性化が必要となって来るのでしょう。